8月 22 2014

京王井の頭線永福町駅にエキチカ

Posted by RINCO in 未分類

東京都杉並区永福町という駅があります。京王井の頭線の駅です。京王井の頭線は渋谷から吉祥寺を結ぶ路線です。
沿線には学生が多く住んでいるので乗ると客層の若さに驚きます。
そんな私も学生時代は井の頭線を使っていました。
そのころの井の頭線は(今でもですが)ローカル線といった面持ちで、電車の車両も短く古い電車を使っていました。
永福町は駅前に京王バスの車庫があります。昔と違い今は駅ビルみたいなものが建っています。といっても小さなビルなんですけどね。
京王リトナード永福町という名前です。京王版エキチカだそうです。

京王トリナード

この間初めて行きました。屋上庭園があるのがポイントです。
永福町の周辺は住宅地なので高いビルはありません。ですからリトナードでも十分見晴らしがいいのです。
リトナードの屋上は4階相当なんですが、三軒茶屋の方のビル群も中野サンプラザも見えました。このあたりがいかに平地がよくわかります。
高層ビルの展望台とも違う、ちょっとした小山の上から街を見下ろしてる感覚が、天気のいい日にはのどかでたまりません。
ビルの中には本屋さんもあって学生が寄り道するにはピッタリな感じです。
永福町の商店街は井の頭通りと交差して走る道沿いにあるにはありますがささやかなものです。だからこのエキチカは便利だと思います。
永福町にある会社に営業に来たので久々に降りてその変貌に驚きました。
この後は渋谷に戻ります。今日は早く終わるので新宿の美容皮膚科で永久脱毛の施術を受けます。

よく脱毛サロンの広告で永久脱毛って書いてるのを見ると思いますが、美容皮膚科は医療機関なので脱毛サロンと違いレーザー脱毛ができます。
サロンのはフラッシュ脱毛というものでレーザー脱毛に比べ永久脱毛する力は弱いです。
レーザー脱毛は肌の黒い部分、毛根だけに反応するレーザーを照射して、毛根の細胞をしっかり処理するので再度発毛することがありません。

全身脱毛するなら医療機関でレーザー脱毛するほうがいいと友人に言われはじめました。
レーザーは毛周期という人のムダ毛の発毛ペースに合わせて照射していきます。
同じ個所でも5、6回照射しないといけないケースもあります。
それでもずっと剃毛するのに比べたらいいなと思うんですよね。

7月 22 2014

東京都立川市の未来都市感

Posted by RINCO in 未分類

某アニメの舞台のモデルになったことでヲタクの聖地としてもあがめられるようになったのが東京都立川市です。
そのアニメを見たのですが立川よりもっと遠郊の地方都市っぽい印象を受けたんですが、明らかに立川っぽい映像もあって、立川をベースに色々空想を膨らませたんだろうなって感じがしました。
アニメのなかでは未来都市っぽい描かれ方がされているのですが、実際の立川も駅前は未来都市感あふれる作りになっています。
立川駅前

あくまで駅前だけですけどね。ちょっと離れると普通に民家のある郊外の住宅地です。でも郊外の高層マンションだけが立ち並ぶ街並ってよく考えたら十分未来的です。そう、人工的なんですよね。すべてが。建物の並び方や道の曲がり方みたいなものが元の自然の地形を生かしたり合わせて作ったわけじゃないところが人工的に感じるんです。機能的だけどずっといたら人間性を奪われそうな気がします。
歴史ある街並みを残そうとしている場所や昔から人が集まって自然と栄えた場所って、自然と生まれる街のレイアウト、通りみたいなものがあるので、効率的じゃないところがありながらも「自然」なんですよね。落ち着くというか。
だから立川の駅前も落ち着かない街なんですよね。多摩モノレールが走っていてとても便利なんですが、高架の高さが高くてまわりにもそんな高いビルがないと、青空の日なんかはSF映画のような雰囲気を醸し出してくれます。
そんな立川ですが、なんと立川という地名の由来は平安時代までさかのぼるそうです。立川氏という人が地頭になり戦国時代まで立川を領有していたそうで、歴史ある名前なんですね。1000年以上残るってすごいですね。
あと明治時代には立川は神奈川県だったそうです。その頃に新宿から立川まで鉄道が通ったそうです。最初に中央線ができたころの終点だったから今でも大きな街になったんでしょうね。
そんな立川ですが発展に伴って昔なら都心にしかなかった施設もたくさんでき始めています。個人的には美容系のクリニックができたことがとても嬉しいです。
最近、しみに悩まされていて、最初エステを考えたのですが、正直エステでやれることには限界があると気づきました。ちゃんとした治療はクリニックじゃないとできないと思い、レーザーによるしみ治療がしようと思っていました。
立川でみつかって本当によかったです。都心のターミナル駅は遠いですからね。

6月 22 2014

大田区の商店街で営業

Posted by RINCO in 未分類

専門学校で編集を学んでこの春からフリーペーパーメインの編集プロダクションで働いています。
よく専門学校の宣伝で就職率120%などというのが書いてありますが、あれは1人の学生が複数の会社に内定した場合や、卒業時点で就職できていなくても卒業後に学校の求人などで就職できた場合も含むのです。
だから実際には卒業しても就職できてない人もたくさんいます。社員じゃなければバイトでも働けるところはいっぱいあるんですが、有名な企業や大手になるとバイトでも有名大学しかとらなかったりします。
出版社は有名大学卒がバイトでもいいから働きたいと押し寄せてくる業界ですから、専門は厳しいです。

でも実際に本作るのって編集プロダクションなんですよね。実際に制作するのは制作プロダクション。現場が好きなら出版社じゃなくプロダクションがいいと先生に勧められました。
これはこれで真実ですが制作プロダクションは下請けで給料も安いのに一番動かないといけません。どこもそうなのかもしれませんが、人の憧れを食いつぶしてる世界なんだなって思いました。
私は実際に本作りがしたかったのもありますし、今はまだ給料安くてもいいかなって思うので編プロで働くことにしました。
今私が担当してるのは大田区の商店街の広告営業です。編集で入ったはずなのに営業をやることになったんです。そういうこともあるとは先輩やいろんな人から聞いていたのですが、まさか自分がと思いました。やりたい仕事をやるためにあえて大変でもプロダクションに入ったのにって思います。

今日は大田区の多摩川ぞいを走る東急多摩川線の駅前のお店にフリーペーパーのスタンドの設置をお願いに行ってます。
多摩川、下丸子、武蔵新田を回ります。

タマガワ

たぶん早く終わるので帰りは蒲田で少しヒマつぶしてから帰ろうと思います。来月からはAGAの冊子作りの仕事に入ります。やっと本づくりができます。
でもAGAのことをあまり知らないので勉強しなくちゃいけません。全然時間ないです。
AGAって男性型脱毛症のことだそうです。薄毛のことを指します。

AGAの原因は遺伝と男性ホルモンの影響とのことで、よく髪を洗ってないから薄毛になる、なんとかウォーターでヘアケアなどといったCMや広告を男性誌で見かけますが、まったく効果がないわけではありませんが、根本的な解決にはならないようです。男性ホルモンで
薄毛の原因になるジヒドロテストステロンというものがあるのですが、これを抑えるフィナステリドという成分の入った薬を飲んだり、発毛作用のある血管拡張剤で血行を促進するのが効果的だそうです。

5月 22 2014

千代田区って政治だけでなく文化の中枢

Posted by RINCO in 未分類

秋葉原って千代田区外神田になります。
千代田区には霞が関や丸の内など日本の中心的や役割を担うところがいっぱいありますが、秋葉原も文化的な意味で日本の中心地ですよね。
秋葉原の最南端、万世橋にある肉の万世。ここのレストランは展望台代わりにアキバの街を一望できる場所です。
アキバから離れているのとお高いのもあってそんなにメジャーじゃありませんが、アキバ通ならここは外せない場所です。
ここで食事しながらアキバを少し俯瞰で眺めてる自分ってステキって男性のヲタは思うらしいです。
アキバの問題点は食事がまずいことでしょうね。ヲタのニーズに対応して発展した結果、ヲタの人間性を象徴するかのような街になったアキバ。

1280px-Akiba_denkigai

以下にヲタが食事にこだわらないかわかりますね。極端なデブとガリはどちらも食事の問題が大きいですからね。
ヲタにとって食べ物は兵糧なんです。その分の金でコンテンツを消費するんです。最近は課金しないヲタも増えたけど。
アキバが電気街だったころはそもそも食事する場所がなかったことを考えると、今はまだましになりました。食事できる場所が増えただけでも幸せなんですが、問題はおいしくはないということです。
メイド喫茶なども基本女の子との接触イベントみたいなものですからフードなどにこだわりなどしません。

ただファミレスが増えてきたので一定のクオリティを求める人のニーズへの受け皿は整いつつあるようです。
UDXなどには飲食店があるのですが、今度は明らかに高くてUDX内のビジネスマン向けです。
大半のヲタは安い油のラーメン屋などで腹を満たすのですが、それがAGAにもつながっているのではないでしょうか?薄毛になりつつあるのにそれに気づいてないヲタが結構いるなという印象です。
思ったのですがアキバにAGAクリニックや自毛植毛のクリニックを開くのはいいかもしれませんね。アキバのどまんなかじゃなく少し外れたあたり、デニーズの辺りとか。
意外とニーズあるかもしれませんよ。
ヲタって専門用語にひかれるんで、看板に明朝体でAGA関連の単語いっぱい書いておいて謎めいた感じにして。ステロイドホルモン、テストステロン、毛包ユニット、毛乳頭細胞とか…明朝で書いておいたらヲタ心をくすぐりそうです。
誰かににネットにさらされるかもしれませんが、それはそれで宣伝になりますよね。

4月 17 2014

メイクのための土台作り

Posted by RINCO in 未分類

朝起きると、今日はどんなメイクにしようとワクワクします。
最近、アイラインの技術が上がってきたようで、キャットメイクやドールメイクもなかなかいい感じになってきました。
まぶたのグラデーションもキレイに仕上げられるようになったので、メイク技術もますます向上中です。
思い切ってニキビ治療を受けてよかったなって思ってます。

ただ、ファンデーションを塗るとき、いっつも気になってしまうのが顔の産毛。
まゆ毛は毎日のように毛抜きで脱毛してますが、口の周りのおヒゲって自分で抜くと痛いし腫れたりしますよね。
でもそれで放置したままだと、メイクが全然決まらないんです。
ファンデーションのノリも悪くなるし、リップを塗っても全然パッとしません。

自己流の処理だと肌荒れの原因にもなるので、皮膚科で脱毛してもらうようにしています。
少ない回数でも、しっかり脱毛してもらえるので長持ちしますし、料金も比較的安めだと思います。
きちんとケアもしてもらえるので脱毛後の肌にも満足できますし、メイクの仕上がりも全然違うんですよね。

やっぱり、キレイに脱毛した肌だとメイクもどんどん映えますよね。
思い通りのメイクに仕上がったとき、ドアップで写メを撮るようにしているんですが、顔の脱毛をしてからはどれだけアップにしても怖くなくなりました。
あと、顔のムダ毛を脱毛し始めてから、ファンデーションの色がワントーン上げれるようになったんです!
産毛を脱毛すると、くすみが一掃される感じ。
産毛がなくなることで影もなくなるから、肌が明るく見えるようになるそうです。
透明感のある肌感に仕上げることができるので、とっても気に入っています。

やっぱりメイクを完璧に仕上げたい時には、土台作りが大切なんですね。
皮膚科の先生にお願いしているので、肌トラブルが起きた時にも丁寧にケアしてもらっています。
細かなことまで質問できるで安心感が半端ないです。

どんどんと肌について詳しくなってきたので、そろそろメイクの技術を自分の顔だけでなく他の人にもやってあげたくなりました。
メイクの面白さと産毛の脱毛についてたくさんの人に知ってもらいたいです!

3月 24 2014

写真教室の講師をやって風景を撮ってきたのにやっぱり肌の事を考えるの巻

Posted by RINCO in 未分類

あるメーカーさんの企画で写真講座の講師をやらせていただけることになりました。応募してくださった生徒の皆さんと一緒に写真を撮りに行き、撮影テクニックなどをレクチャーするというものです。主催のメーカーさんの新製品プロモーションの一環で、参加者(と私)には発売前の新製品が貸し出されるので、一足早く新製品を触れるということも魅力。そのまま予約・購入してもらえればメーカーさんも一石二鳥という趣旨です。

正直、最近のカメラはどれも性能がいいので普通にシャッター押せばきれいに撮れます。
公園でロケしたのですが、撮影時間が終わった後参加者の方から「私たちが2時間かけて見つけたいい風景を2分で見つけるなんて、プロはすごい」と言われました。

これよく言われる話で、風景でも人物でもいいアングルや表情、スポットをいかに見つけることができるかがプロでは仕事の速さにつながるので、自然と身についたのかなと思います。私は最初からこんな写真を撮りたいからイメージに近い場所を探す、ということをしていて、これを繰り返すうちに早く見つけられるようになったのだとおもいます。

今回は風景でしたが私は人物を撮影することが多いので、風景よりモデルさんがキレイに見える撮り方を見つける方が得意です。顔立ちによってこのアングルがいいとか、魅力的な笑顔だとか、そういうものを見つけ出す力です。ただ、1つだけ肌質はどの構図からとっても変わらないので、きれいな肌だと助かります。

また肌の話になっちゃいましたが、肌がきれいってことはとっても大事なんですよ。

2月 01 2014

マシュマロ女子と読者モデルがダイエット話で盛り上がるの巻

Posted by RINCO in 未分類

スタジオ経費なども増税されちゃうってことで、3月は撮影ラッシュでした。仕事が増えるのは嬉しいのですが反動で4月から仕事なくなりそうで怖いです。貯金しておきます。

こないだ、いわゆるマシュマロ女子の撮影をしました。ぽっちゃりした体型の人向けのアパレルのカタログ撮影です。カタログ撮影ってカメラマンもモデルも流れ作業みたいにひたすら数をこなします。だから芸術家肌の人で嫌がる人も多いですが、良く撮れた写真がたくさん載ってるカタログって見てて楽しいし、買い物したくなるし、すごいいい仕事だと思ってるんで、オファーがあったら受けるようにしています。

アパレルブランドの倉庫をセット代わりにするんですが、マシュマロ女子が大勢並ぶと壮観です。存在感が圧倒的です。でもハイペースで動くんでどんどん汗かきだして、「ああ、この服は買い取りになるのかな」なんて思いながらシャッター切ってました。

撮影がハードだったんで「これじゃやせてマシュマロじゃなくなる~(笑)」なんてギャグを言い出す子も。「デブじゃなくなったら仕事なくなるよ~」って誰かが返して場内大爆笑という一幕もありました。

でも正直、内心では大半のモデルさんはやせたいって思ってるんですよね。終わった後、前から知り合いのマシュマロモデルの子とご飯食べに行ったんですが、「そりゃやせたいけどダイエット成功した試しがないの」と言われました。元からの体質とかもあるんでしょうし、仕方ないのかなと思っていたら、ちょうど近くにいたから誘った読者モデルの子が遅れてやってきて、「話聞こえてたよ!医者に頼めばいいじゃん」って一言。

その子、前はぽっちゃり体型でガングロでちょっと汚い系ギャルのキャラで雑誌に登場してたんですが、ダイエットして今や美白スレンダー女にイメージチェンジしたんです。どうやってダイエットしたのか聞いてなかったんですが、「メディカルダイエットで成功したんだよ。医者の言う事ちゃんと聞けばやせるって」と話してくれました。

ちゃんとした薬を処方してもらってダイエットするそうです。だから病的な感じじゃなく、健康的で元気な雰囲気のまま美しいスタイルになれたんだとわかりました。それを聞いてマシュマロモデルの子も「挑戦しようかな、でもそれで今の仕事なくなるの困る~」と悩んでて面白かったです。彼女、マシュマロ界では結構なところまでブレイクしてきてるので、果たしてどうするんでしょう。たぶんメディカルダイエット選ぶと私は予想してますけど。

1月 10 2014

機材調達しに中野に行ってうぶ毛まで写す高性能カメラに思いを馳せるの巻

Posted by RINCO in 未分類

機材調達に中野のカメラ屋に行ってきました。私は少し前のカメラはヤフオクで売っています。よく行く中野や新宿のカメラ屋でも中古の買い取りしてくれるんですが、ヤフオクのほうが高く売れるので売るのはヤフオクです。

少し前の機種でも全然仕事でも使えます。だって前はそれで仕事してたんですから。でもカメラマンやるようになってわかったのは、クライアントや編集の人って高いカメラ持ってないと信用してくれないんです。

どちらもレンズ入れると100万コースなんですが、高い機材=いい仕事みたいな感覚。そういったカメラって性能はいいので、天気悪くても撮影できますし仕事で使うなら安心感があります。だから私も結局買ってるんですが。

でも仕事の内容によっては10万円ぐらいのカメラでも大丈夫なんです。高いカメラは画質がいいというより頑丈だから壊れなくてだからプロが使うんです。ストリートスナップとかででっかいカメラ使ってるのははったりです。主に編集さんに対しての。

それこそ本当にきれいに撮ろうと思ったらスタジオにある5000万画素とか6000万画素のカメラつかいます。

これは怖いですよ。うぶ毛1本1本がちゃんときれいに顕微鏡で見たように写ります。肌のお手入れを怠ってるモデルさんなんか青ざめます。私もこのカメラで撮られるのは勘弁したいなと撮りながら思ってます。

12月 01 2013

水着撮影のあと全身脱毛の話題になりましたの巻

Posted by RINCO in 未分類

今日の撮影は水着撮影!っていってもファッション誌ですよ。ファッション誌だからもう水着撮影の季節。編集者の頭のなかは夏モードです。伊豆のハウススタジオでの撮影でした。晴れてよかったです。天気がいいと暖かいから庭でも撮れますし。

ということで何人もモデルさんが来て水着を何着も着替えて撮影して。。。忙しい1日でした。今回は読者モデルの人が多かったので、ポージングとかもこちらでリードすることが多くて、撮る側の労力が大きな撮影だったんです。

そんななかで気になったのが、ムダ毛の処理をしてないモデルさんが結構いたこと。読者モデルさんだとムダ毛処理のことをあんまり考えてないことが多いです。学校とか周囲からモテてると逆にそのままの自分で通用すると思って、普段のまま仕事に来ちゃう感じの子もたくさん。なかにはマネージャーさんがテキトーでモデルさんに撮影内容間違って伝えてるケースもあって、これはモデルさんかわいそうだなって。そういうマネージャーに限ってこっちの仕事にはいろいろうるさく注文つけてくるんです。それは編集と話してって感じですが。

ムダ毛処理してないモデルさんに撮った写真見せると、だいたいみんなショックを受けます。最新のプロ用カメラで撮影した写真ですから、毛穴の1つ1つまで顕微鏡で写したみたいにくっきり写ります。みんな「私ゴリラみたい!」「いや原始人だから(笑)」「毛って目立つんだ」って口々に騒ぎます。

そこからみんなで毛をどう処理するか、って話になりました。「剃るけど生えてくるから面倒」「ついつい忘れちゃうんだよね~」などの声と同時に、「ワックスとか買ったけど痛い」「安全って言ってたから通販で買った器具が、なにげに肌に合わない」といった脱毛に挑戦したけどトラブルに見舞われたという声も。

そんな中で脱毛してきれいな肌のモデルさんたちから「病院でやってもらうのが安全で楽」って意見がちらほらと出てきたのが印象的でした。病院行くの最初は面倒かもしれないけど、最初にきちんと処理すれば、繰り返して処理しないから肌が乾燥したり黒ずんだりしないのもおすすめポイントなのだとか。

水着で仕事するようなモデルさんは全身脱毛するので手間もかかるし、病院で安全にやってもらうほうが最終的にはいいかも。って私も調べてみて納得しました。夏は撮る側も薄着になるし、これを機会に私も全身脱毛しようかな。

11月 01 2013

モデルさんの最新お肌トラブル解決法が判明したの巻

Posted by RINCO in 未分類

私、カメラ好きで、好きが高じて今はカメラマンのアシスタント的なことやらせてもらってます。ここではそんな私の日々思うことを書き連ねていきたいと思います。

最近、仕事でモデルさんを撮ることが多いんです。モデルって一口に言っても身長180cmぐらいで9頭身!みたいなファッション専門から、今人気のハーフ系モデル、そして10代向けファッション誌によく出る読者モデルまで、いろいろなタイプのモデルさんがいます。

で、それぞれモデルとして求められるものが違うので簡単に比較できないんですが、プロ意識の差がやっぱりあって、モデルなのでその差は「自分を美しく保つ」ということに対しての意識の差になるわけです。ある程度見慣れてそれがわかってきました。

顔を撮られることが多いモデルさんたちなので、肌をきれいに保つって大事なことだと思うんです。肌のトラブルをメイクで隠したり、今はデジタル画像なので修正したりはできるんですが、元の良し悪しってどうしても出ちゃいます。

撮ってて一番気になるのが「ニキビ」。ニキビなければすごいいい写真なのに!って思うことが多くて残念です。写真としていいものにできないのが残念ですが、なによりモデルさんがこのニキビのせいで仕事失くしてるだろうな、って思うんです。たぶん本人気づいてないですが。

意識が高い人でもハードスケジュールで体調が悪くて肌トラブルに見舞われて、という場合もあったり。カメラマンも女だと肌トラブルの話で盛り上がったりします。私もハードワークですし。

それでいろいろ話したんですが、結果「病院でニキビ治療してもらうのが一番いい」という結論になりました。モデルさんたちですから、これまでもいろんな方法を試したそうで、その中で「エステはトラブルが多い」「市販の薬では効果が弱い」「食事などを見直すにもドクターの指導があるとちゃんとできる」という意見が多くて、だから最近はみんなお医者さんに行ってます。

私も治療しようかなと話したら勧められたのが「ピーリング」。肌を根本から生まれ変わらせることができるらしいです。

春だし心もお肌も新たに生まれ変わろうかな?